JCOMテレビの地デジ(地上波)のみの料金は?見れる番組はどうなる?

JCOMテレビの地デジ(地上波)のみの料金は?見れる番組はどうなる?【アイキャッチ画像】

「JCOMの地デジ(地上波)のみの料金はいくら?」

「見れる番組はどうなるか?」

「地デジはJCOMで見るべきか?」

こう考える人は、この記事を見てくださいね。

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、JCOMテレビの地デジ(地上波)のみの料金や、見れる番組、選べるプランをまとめました。

もり

解説の前に、JCOMは初期費用を「最大44,628円」節約できます!  

以下の、「特設ページのキャンペーン」をチェックしてください。

JCOM公式の特設キャンペーンサイト

総額44,628円おトクに申し込みできる
・月額料金が1年間、大幅に割引される
・新規工事費が実質無料になる
6,000円分のQUOカードプレゼント
・他社違約金の還元あり
・「JCOMのキャンペーン比較【2024年2月】」でNo1の申込窓口

監修者:森口 雄一朗

インターネット業界に5年以上携わる「中堅エンジニア」で、Wi-Fiの知識はとても豊富に持つ。アイグッドサポート株式会社の「代表取締役社長」としても広告の企画・制作・運営を実施しし、自らも記事を執筆。積極的に情報収集と発信をしており、「世界一分かりやすいサイト制作」がモットー。

当サイトのPR表記、運営ポリシー、運営者について

※当サイトのコンテンツには広告を含む場合がありますが、「当サイトの運営ポリシー」にもとづき利用者の目線でサイト作成しています。メーカーまたは第3者の依頼で広告を掲載することもありますが、内容には一切関与せず、「景品表示法(通称ステマ規制)」の法令を遵守した上で制作されています。コンテンツに誤りがありましたら「コンテンツの誤り報告フォーム」よりご連絡ください。なお、表記価格は「総額表示義務」にもとづき全て税込表記です。(サイト制作運営責任者:アイグッドサポート株式会社)

それでは解説していきます。

目次

【まず結論】JCOMテレビの地デジのみの料金は?

それでは内容の前にまとめからです。

結論から言うと、JCOMに地上波のみのプランはないため、地デジのみの契約はできません。

例外として、地上波が届かない地域のみ地デジの提供がありますが、通常のエリアでは提供されません。

言いかえると、JCOMでは地デジと共にケーブルテレビやインターネットとセット契約になります。

セット契約できるプランは以下の通りです。

【JCOMで地デジが見れるプラン】

プラン月額料金使えるコンテンツ
JCOM TV シン・スタンダード6,074円・ケーブルテレビ(42ch+α)
・動画ストリーミング(JCOM STREAM)
・地デジ・BSデジタル
JCOM TV フレックス6,074円~・ケーブルテレビ(64または62ch+α
・動画ストリーミング(NetflixまたはDisney+)
・地デジ・BSデジタル
JCOM NET+地デジ・BSデジコース5,390円~・インターネット
・地デジ・BSデジタル

地デジのみ見たい人は、「JCOM NET+地デジ・BSデジコース」がおすすめです。

地デジとインターネットのみ使えるので、月額料金が一番安いからです。

ケーブルテレビや動画も見たい人は「シン・スタンダード」や「フレックス」を選んでください。

こちらは、JCOM TVやNetflixなどの動画ストリーミングが付くプランです。

各プランは記事内でも詳しく解説しますので参考にしてくださいね。

以上が、JCOMで地デジを見るためのプランや調べた結果です。

もり

まとめの最後に、JCOMには申し込みで限定特典もあります。

これから契約する人は、以下のリンクからの手続きがお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

JCOMの地デジ(地上波)が見れるプランと料金は?

J:COMの地デジが見れるプランは4つあります。

最新のプランを中心に、現在提供されているプランごとの詳細をご紹介します。

【JCOMの地デジが見れるプラン】

  • 【地デジ+JCOM STREAM】シン・スタンダード
  • 【地デジ+Netflix/Disney+】フレックス
  • 【地デジ+ネット】JCOMネット+地デジ・BSデジコース
  • 【地デジのみ】共聴施設向け地上デジタルコース

【地デジ+JCOM STREAM】シン・スタンダード

J:COM TV シン・スタンダードの基本料金は6,074円です。

シン・スタンダードは2023年10月にJ:COMTVの新しいプランとしてスタートしました。

シン・スタンダードは、地デジ、ケーブルテレビ、J:COM STREAMがセット契約で見れるプランです。

改めて特徴をまとめました。

【JCOM TVのシン・スタンダード】

プラン名JCOM TV
シン・スタンダード
月額基本料6,074円
見れるコンテンツ・地デジ/BSデジ
・ケーブルテレビ(42chの専門チャンネル)
・動画ストリーミング(JCOM STREAM)
工事費実質無料

JCOMのシン・スタンダードでは、テレビ放送と動画配信を一つのサービスにしています。

ユーザーがより多くのコンテンツに触れられることを追求するために生まれたサービスです。

J:COM STREAMでは、今後、映画や韓国・中国などのアジア系ドラマ、国内最大級の見逃しアニメなどが動画ストリーミングで見れます。

J:COM STREAMによって、地デジ以外でも楽しめるコンテンツの幅はより広がります。

【地デジ+Netflix/Disney+】フレックス

フレックスプランの月額料金は6,074円です。

地デジに加えて、NetflixかDisney+を選んだ上で、お好みのケーブルテレビのチャンネルと組み合わせられます。

ネット動画と充実のチャンネルパックの組み合わせができる点が魅力のプランです。

【JCOM TVのフレックスプラン】

プラン名JCOM TV
フレックス
月額基本料6,074円
見れるコンテンツ・地デジ/BSデジ
・NetflixかDisney+の選択
・ケーブルテレビ(AパックまたはBパック)
工事費実質無料

※Aパック:スポーツ・総合エンタメ・音楽のチャンネル
※Bパック:映画・ドラマ・アニメ・ドキュメンタリーのチャンネル

以上の通り、フレックスは地デジとあわせて、NetflixやDisney+でアニメや映画を楽しみたい人のプランです。

Netflixでは充実のコンテンツを提供してくれますが、最近ではDisney+もコンテンツの幅を広げてます。

ディズニーコンテンツだけでなく、韓国ドラマやドキュメンタリーを見たい人にもおすすめです。

【地デジ+ネット】JCOMネット+地デジ・BSデジコース

JCOMネット+地デジ・BSデジコースでも、地デジを楽しめます。

JCOMで地デジを見たいけど、インターネットもセット契約したい人向けのプランです。

【JCOMネット+地デジ・BSデジコース】

プラン名JCOMネット
地デジ・BSデジコース
月額基本料5,390円~
見れるコンテンツ・地デジ/BSデジ
・インターネット
工事費実質無料

JCOM NET+地デジ・BSデジコースでは、最低限のテレビチャンネルとネットが使いたい人におすすめです。

ケーブルテレビが視聴できない代わりに、他のプランよりも月額料金を安く出来ます。

【地デジのみ】共聴施設向け地上デジタルコース

共聴施設向け地上デジタルコースは、地デジの電波が受信しにくい地域に住んでいる人専用のプランです。

月額料金は次のとおりです。

【共聴施設向け地上デジタルコースの料金】

エリア月額料金
関東880円
関西733円

共聴施設向け地上デジタルコースは地デジを受信できない地域しか契約できません。

参考までに、「共聴施設向け地上デジタルコースに関する特約(千葉セントラル局)」を引用します。

テレビジョン放送(放送法(昭和25年法律第132号)第二条第二号の五に規定するテレビジョン
放送)のうち地上デジタル放送が視聴できないことが認められる場合で、かつ当社が特に認める場合

※引用元:共聴施設向け地上デジタルコースに関する特約(千葉セントラル局)

以上が、JCOMで地デジを見るための料金プランです。

もり

JCOM TVとJCOM NETは以下のリンクから手続きしてくださいね。

限定キャンペーンがとてもお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

JCOMテレビの地デジはJCOMネットとのセットがお得!

J:COMテレビの地デジを契約するときは、J:COMネットとのセット契約がお得です。

J:COMテレビの具体的なメリットの詳細を説明します。

【JCOMテレビの地デジとJCOMネットのセットのメリット】

  • 一般的な光回線の地デジよりも安い
  • アンテナ設置不要で工事費がかからない
  • アンテナ設置と同じ番組が見られる
  • パススルーにより市販のTVで地デジを受信できる
  • 悪天候に強く、田舎や山奥でも安定して見れる

一般的な光回線の地デジよりも安い

J:COMネットとJ:COMテレビのセット契約は、ドコモ光テレビオプションのような、他の光回線の地デジよりも安く契約できます。

一般的な光回線の地デジと料金を比較しました。

【JCOMと光回線の地デジの料金比較】

JCOMネット+地デジ
(JCOMネット+地デジBSデジコース)
光回線+光テレビ
(ドコモ光+ドコモ光テレビオプション)
ネット代5,390円/月5,720円/月
光テレビ代825円/月
合計6,545円/月

光回線と地デジのセット契約は多くのチャンネルが視聴できるようになるメリットがあります。

しかし、光回線の地デジはやや割高になります。

ケーブルテレビをメイン事業とするJ:COMだからこそ、テレビとネットのセット契約において割安価格を実現できる仕組みです。

地デジのみを見たい人は、他の光回線よりもJCOMがお得です。

アンテナ設置不要で工事費がかからない

地デジのアンテナが不要になる

J:COMでテレビを契約するメリットの一つに、初期費用の安さが挙げられます。

アンテナの設置が必要ないため、普通なら数万円かかるような工事費用は必要ないためです。

また、JCOMの工事費はキャンペーンで無料になります。

なので、アンテナ設置よりも大幅に初期費用を抑えられます。

【JCOMの工事費とアンテナ設置の工事費】

JCOMネット+地デジ地デジのアンテナ設置
工事費キャンペーンで無料3~4万円

アンテナ設置と同じ番組が見られる

J:COMを始めとするケーブルテレビは、テレビ電波の送信元となる電波塔からまず、ケーブルテレビの各社が電波を受信します。

ケーブルテレビ会社が受信した電波を電柱やケーブルを介して、宅内へ引き込み、テレビが視聴できるようになる仕組みです。

したがって、アンテナ設置が必要な視聴方式と変わらず、同じ番組を視聴できるメリットがあります。

アンテナの受信感度があまりよくない地域では、アンテナいらずのケーブルテレビが活躍するシーンが多くなります。

具体的に見れるチャンネルはJCOM公式サイトをチェックしてください。

地上デジタル – チャンネル一覧 | J:COMテレビ番組表

パススルー方式により市販のTVで地デジを受信できる

パススルー方式とは、ケーブルテレビで受信した電波をそのまま伝送する方式です。

パススルー方式では、市販の地上デジタルテレビ放送対応テレビか、地上デジタルチューナーや地上デジタルチューナー内蔵録画機器で地上デジタルテレビ放送を視聴できます。

つまり、今までのテレビでJCOMの地デジを受信できます。

地デジのみ見たい人は、JCOMのセットトップボックスも必要ありません。

なお、パススルー方式の他にはトランスモジュレーション方式があります。

トランスモジュレーション方式の場合、受信した電波をケーブルテレビに適した信号へ変更して伝送する方式です。

この場合、ケーブルテレビ専用のSTB(セットトップボックス)が必要になります。

J:COMの地上デジタル放送は、パススルーを採用していますか? | JCOMサポート

悪天候に強く、田舎や山奥でも安定して見れる

ケーブルテレビの強みは、ケーブルテレビ各社から個人宅へケーブルを介して映像が送られる事です。

アンテナのように電波で送信する仕組みではないため、悪天候や山間部、高い障害物がある住宅密集地など、電波が届きにくい状態でもテレビを視聴できます。

地デジに変更されて、電波の状況で画像が乱れることは少なくなりましたが、通信障害に強いメリットは、災害時などに本来の強みが発揮されます。

以上が、JCOMで地デジを見るメリットです。

もり

JCOMは地デジを見るためにとてもおすすめの回線事業者です。

以下の限定特典もとてもお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

JCOMテレビで地デジ(地上波)を見る注意点は?

テレビ電波の送受信に強く、独自のコンテンツを持つJ:COMテレビですが、契約に際して気を付けるポイントもあります。

J:COMテレビで地デジをみる時の注意点を紹介します。

【JCOMテレビで地デジを見るときの注意点】

  • 基本的に「地デジのみ(地上波のみ)」のプランなし
  • 毎月の月額料金はかかる
  • JCOMでもNHKの受信料の支払いは必要

基本的に「地デジのみ(地上波のみ)」のプランなし

J:COMでは、メインのテレビサービス以外にも電話やネットなどいくつかのサービスがあることから、多くの人はセットで契約している人がほとんどです。

テレビサービスのみを契約できるのか、よくわからない人も多いでしょう。

前述の通り、J:COMでは、テレビサービスのみの契約はできますが、地デジのみを視聴するプランは例外を除いて提供されていません。

テレビプランは、地デジのみを視聴するプランはなく、BS放送とCS放送が一体になっていることを知っておきましょう。

テレビ契約のみだとやや割高に感じる料金も、ネットや固定電話を組み合わせると、お得に利用できます。

毎月の月額料金はかかる

当然ですが、毎月の月額料金は発生します。

前掲の通り、J:COMのテレビ視聴では、プランごとに以下の月額料金が発生します。

【JCOMのプラン別の月額料金】

JCOMのプラン月額料金
J:COM TV シン・スタンダード6,074円
J:COM TV フレックス6,074円~
JCOMネット+地デジ・BSデジコース5,390円
共聴施設向け地上デジタルコース関東:880円
関西:733円

地デジ視聴のみでこの月額料金を考えるとやや高いようにも思えます。

しかし、JCOMにはケーブルテレビや動画ストリーミングなど、地デジ以外とセット契約できるメリットがあります。

言いかえると、セット契約と考えると、上記の料金はかなり安くてお得です。

JCOMでサービスを統一するのも1つの方法です。

JCOMでもNHKの受信料の支払いは必要

J:COMの月額利用料金に、NHKの受信料は含まれていません。

したがって、JCOMを契約してもNHKの受信料は別途支払う必要があります。

通常通りの支払い方法に加えて、J:COMでは月額料金にNHK受信料を組み込むNHK団体一括支払いという支払い方法も用意されています。

NHK団体一括支払いを利用すると、月額料金と合算で支払い可能です。

J:COMの地デジ・BS放送によりNHKが閲覧できるようになり、NHK受信料の支払いが必要になります。

NHKの受信料支払いについては、別の記事でも詳しくまとめました。

もり

以上で、JCOMで地デジを視聴する際の注意点のまとめを終わります。

【まとめ】JCOMで地デジ(地上波)を見る方法

最後のまとめです。

この記事では、JCOMで地デジ(地上波)を見る方法をまとめました。

改めてポイントを整理します。

この記事のまとめ
  • JCOMで地デジを見るためのプラン
    • 【地デジ+JCOM STREAM】シン・スタンダード
    • 【地デジ+Netflix/Disney+】フレックス
    • 【地デジ+ネット】JCOMネット+地デジ・BSデジコース
    • 【地デジのみ】共聴施設向け地上デジタルコース
  • JCOMテレビの地デジはJCOMネットとのセットがお得!
    • 一般的な光回線の地デジよりも安い
    • アンテナ設置不要で工事費がかからない
    • アンテナ設置と同じ番組が見られる
    • パススルー方式により市販のTVで地デジを受信できる
    • 悪天候に強く、田舎や山奥でも安定して見れる
  • JCOMテレビで地デジ(地上波)を見る注意点
    • 基本的に「地デジのみ(地上波のみ)」のプランなし
    • 毎月の月額料金はかかる
    • JCOMでもNHKの受信料の支払いは必要

以上です。

最後に、JCOMは以下のリンクから契約で限定キャンペーンがあります。

これから契約する人は、以下のリンクから手続きしてくださいね。

もり

JCOMの申し込みはとてもお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次