フレッツ光からJCOMは転用できる?乗り換えでフレッツテレビはどうなる?

フレッツ光からJCOMは転用できる?乗り換えでフレッツテレビはどうなる?【アイキャッチ画像】

「フレッツ光からJCOMは転用できる?」

「フレッツテレビやひかり電話はどうなる?」

「乗り換え方法や費用は?」

こう考える人はこの記事を見てくださいね。

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、フレッツ光からJCOMは転用できるか?乗り換え手順や費用、注意点をまとめました。

もり

解説の前に、JCOMは初期費用を「最大44,628円」節約できます!  

以下の、「特設ページのキャンペーン」をチェックしてください。

JCOM公式の特設キャンペーンサイト

総額44,628円おトクに申し込みできる
・月額料金が1年間、大幅に割引される
・新規工事費が実質無料になる
6,000円分のQUOカードプレゼント
・他社違約金の還元あり
・「JCOMのキャンペーン比較【2024年2月】」でNo1の申込窓口

監修者:森口 雄一朗

インターネット業界に5年以上携わる「中堅エンジニア」で、Wi-Fiの知識はとても豊富に持つ。アイグッドサポート株式会社の「代表取締役社長」としても広告の企画・制作・運営を実施しし、自らも記事を執筆。積極的に情報収集と発信をしており、「世界一分かりやすいサイト制作」がモットー。

当サイトのPR表記、運営ポリシー、運営者について

※当サイトのコンテンツには広告を含む場合がありますが、「当サイトの運営ポリシー」にもとづき利用者の目線でサイト作成しています。メーカーまたは第3者の依頼で広告を掲載することもありますが、内容には一切関与せず、「景品表示法(通称ステマ規制)」の法令を遵守した上で制作されています。コンテンツに誤りがありましたら「コンテンツの誤り報告フォーム」よりご連絡ください。なお、表記価格は「総額表示義務」にもとづき全て税込表記です。(サイト制作運営責任者:アイグッドサポート株式会社)

それでは解説していきます。

目次

【まず結論】フレッツ光からJCOM

それでは内容の前にまとめからです。

結論から言うと、フレッツ光からJCOMへの乗り換えで工事が必要です。

理由は、フレッツ光とJCOMでは利用する回線が違うので、使い回しができないからです。

言いかえると、転用による乗り換えはできません。

ただ、手続き自体はかんたんです。

JCOMへの申込と開通工事、フレッツ光の解約のみです。

フレッツ光の撤去工事は任意なので、既存の光ケーブルを残すこともできます。

また、JCOMはフレッツ光よりも月額料金が安いので、乗り換えはとてもおすすめです。

当記事では詳しい乗り換え手順や費用、注意点をくわしく見ていきます。

まとめの最後に、JCOMは専用ページからの手続きで限定特典も用意されています。

これから契約する人は、以下リンクから手続きしてくださいね。

もり

JCOMの特設ページはとてもお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

フレッツ光からJCOMへ乗り換える手順

フレッツ光からJCOMへ乗り換える手順を7ステップでまとめました。

【フレッツ光からJCOMへ乗り換える手順】

  1. フレッツ光の解約前にJCOMを契約
  2. NTT東日本/NTT西日本へ解約の申請
  3. フレッツ光のプロバイダへ解約の申請
  4. フレッツ光からJCOMへの切り替え
  5. フレッツ光のレンタル機器の返却
  6. フレッツ光の撤去工事(任意)
  7. フレッツ光の利用証明書を入手する(任意)
STEP

フレッツ光の解約前にJCOMを契約

フレッツ光からJCOMへの乗り換えは、フレッツ光の解約前にJCOMの契約をしておく事が重要です。

開通工事日より先に解約すると、インターネットにつなげない期間が発生するからです。

まずはJCOMへのコンタクトを取り、工事日の確定し、確定後にフレッツ光の解約してください。

JCOMは以下の特設ページから手続きできます。

JCOM契約を1番目に、フレッツ光の解約を2番目に行うことで、ネットが使えなくなる期間は発生しません。

なお、契約は申込みをした日ではなく、回線工事が完了した日であることも合わせて覚えておきましょう。

STEP

NTT東日本/NTT西日本へ解約の申請

フレッツ光の解約は、NTT東日本またはNTT西日本への申請です。

解約の方法は、「電話」「Webフォーム」の2通りです。

Webフォームからだとお客さまIDをはじめ情報入力の項目が多めです。

電話からの手続きがかんたんです。

電話からの解約窓口は以下の番号となります。

【フレッツ光の解約窓口】

  • 0120-116-116(NTT東日本・西日本共通)
  • 受付時間:午前9時~午後5時
  • 土曜・日曜・祝日も受付中(年末年始12/29~1/3を除く)
※Webフォームから解約する人はこちら

【フレッツ光・東日本】

【フレッツ光・西日本】

STEP

フレッツ光のプロバイダへ解約の申請

フレッツ光とプロバイダが別契約の人は、契約中のプロバイダへの解約申請が必要です。

解約申請は、各プロバイダのサポートページやマイページ、電話からです。

解約時に気をつけるべきは、プロバイダのメールサービスを使っていたケースです。

使用中のプロバイダメールは解約すると利用できなくなりますので、予備のメールアドレスを確保してください。

プロバイダの解約日も、JCOMの工事日あわせるようにしてください。

STEP

フレッツ光からJCOMへの切り替え

フレッツ光からJCOMへの切り替えは、JCOMの開通工事と同時に完了します。

JCOMの工事が終われば、そのままJCOMへインターネットをつないでください。

また、工事の所要時間は約30分から2時間となり、原則として立ち会いが必要です。

かんたんにJCOMの工事イメージを図でまとめました。

【フレッツ光からJCOMの切り替えイメージ】

フレッツ光からJCOMの切り替え後のイメージ画像1
STEP

フレッツ光のレンタル機器の返却

フレッツ光へレンタル機器を返却します。

レンタル機器は、VDSLモデム・ONU・ホームゲートウェイ・無線LANカード等です。

返却物はフレッツ光より指定があります。

ご自身で購入したルーターやケーブルは返却の必要はありません。

【フレッツ光へ返却するもの返却しないもの】

返却するもの返却しないもの
VDSLモデム
ONU
ホームゲートウェイ
無線LANカード
電話アダプター
光配線コード 等
自己所有のWi-Fiルーター
自己所有のLANケーブル

フレッツ光から返却キットが届くので、返却物を梱包して送り返します。

STEP

フレッツ光の撤去工事(任意)

フレッツ光の撤去は、必須ではなく任意です。

光回線は再利用の利便性から、邪魔にならなければ撤去よりも残した方がメリットがあります。

ただし、賃貸物件等は原状回復義務により、オーナーから撤去を命じられている場合は工事が必要です。

退去する際はオーナーへの相談をしたうえで進めてください。

なお、撤去工事は解約時またはフレッツサービスの問い合わせ窓口から依頼できます。

STEP

フレッツ光の利用証明書を入手する(任意)

JCOMでは、フレッツ光からの乗り換え特典でQUOカードがもらえます。

対象は、JCOMの以下プランの契約者です。

【対象のJCOMプラン】

  • スマートお得プラン
  • スマートお得プランフレックス
  • スマートお得セレクト

当てはまる人は、フレッツ光より利用証明(請求書など)を入手して準備してください。

Web明細書は以下のリンクから入手できます。

【フレッツ光のWeb明細書】

以上が、フレッツ光からJCOMへ乗り換える手順です。

もり

フレッツ光からJCOMは、先にJCOMを契約するとスムーズです。

以下の特設ページから手続きしてください。

\こちらが特設ページになります!/

フレッツ光からJCOMの乗り換えでかかる費用は?

フレッツ光からJCOMの乗り換え費用もまとめました。

【フレッツ光からJCOMの乗り換えでかかる費用】

  • フレッツ光の解約金
  • フレッツ光のプロバイダの解約金
  • フレッツ光の初期工事費の分割払いの残債
  • フレッツ光の乗り換える月の月額料金
  • JCOMでかかる費用

フレッツ光の解約金

フレッツ光の通常の契約では、解約金はかかりません。

ただし、「にねん割(東日本)」と「光はじめ割(西日本)」に加入していた方は、解約金が発生します。

解約金は以下の通りです。

【NTT東日本/NTT西日本の解約金】

NTT東日本
(にねん割)
NTT西日本
(光はじめ割)
戸建て4,950円4,400円
マンション1,650円2,200円
契約年数自動更新型2年自動更新型2年
更新月契約満了月、その翌月、翌々月の3ヵ月間契約満了月、その翌月、翌々月の3カ月間
※2022年6月30日以前の人
NTT東日本
(にねん割)
NTT西日本
(光はじめ割)
戸建て10,450円11,000円
マンション1,650円7,700円
契約年数自動更新型2年自動更新型2年

なお、にねん割、光はじめ割ともに、更新月に解約すると解約金はかかりません。

フレッツ光のプロバイダの解約金

フレッツ光の一部のプロバイダにも、契約期間内に解約すると解約金がかかります。

解約金はプロバイダごとに変わりますが、0円~11,000円程度かかります。

参考までに、プロバイダと解約金の一例をまとめました。

【フレッツ光のプロバイダの解約金】

プロバイダ契約期間解約金
AsahiNet1年2,200円
BB.exciteなし0円
BIGLOBE2年5,000円
WAKWAK2年4,950円
OCN2年5,000円
plalaなし0円
So-net2年3,000円
DTIなし0円
@nifty2年3,300円
hi-ho2年11,000円

ご紹介したプロバイダ以外は、ホームページや契約時の書類をご確認ください。

フレッツ光の初期工事費の分割払いの残債

JCOMへの乗り換え時に、フレッツ光の初期工事費の分割払いの残債があれば一括で支払う必要があります。

フレッツ光は分割で25回払いなので、工事から25カ月以内に乗り換える人はかかります。

改めて、フレッツ光の工事費は以下の通りです。

【フレッツ光の工事費】

屋内配線工事があった場合屋内配線工事がなかった場合
一括払い22,000円11,660円
分割24回払い初回:3,300円
2回目以降:779円×23回
最終月:783円
初回:3,300円
2回目以降:348円×23回
最終月:356円

例えば、屋内配線工事があった人が20カ月で乗り換えた場合、3,120円を一括で支払う事になります。

フレッツ光の乗り換える月の月額料金

 JCOMに乗り換えをする際、フレッツ光の月額料金の日割りも視野に入れておきます。

NTT東日本は日割りがなく、NTT西日本では日割り計算になります。

NTT東日本には日割りがないため、下旬もしくは月末まで利用した方がお得です。

NTT西日本については日割りがあるので、いつ乗り換えても損しないです。

なお、日割り計算は(月額利用料×利用日数÷暦日数)です。

円未満の端数については切り捨てになります。

JCOMでかかる費用は?

フレッツ光からの乗り換えをする際、JCOMでかかる費用は事務手数料の3,300円のみです。

基本工事費は実質無料になります。

以上が、フレッツ光からJCOMの乗り換えでかかる費用です。

もり

JCOMにはさらにWeb限定のキャンペーンもあります。

以下の特設ページから手続きしてくださいね。

\こちらが特設ページになります!/

フレッツ光からJCOMの乗り換えの注意点は?

フレッツ光からJCOMの乗り換えの注意点は3つです。

【フレッツ光からJCOMの乗り換えの注意点】

  • 転用でJCOMに乗り換え出来ない
  • フレッツテレビはJCOM TVになる
  • ひかり電話の固定電話番号の一部は引き継ぎできない

各注意点を順番に解説していきます。

転用でJCOMに乗り換え出来ない

転用とは、NTT東日本・西日本のフレッツ光から光コラボレーション事業者への乗り換えのことです。

JCOMは光コラボレーション事業者ではないので転用はできません。

フレッツ光からの転用は設備および機器は既存のものを使用します。

しかし、JCOMのケーブルおよび光回線は、フレッツ光とは同じでは無いので工事が必要です。

フレッツテレビはJCOM TVになる

乗り換えで、フレッツテレビのみの機能を残すことはできません。

フレッツテレビはフレッツ光のケーブルを使い、地デジやBSを視聴できますすが、フレッツ光とセット契約が必要だからです。

一方で、JCOMではJCOM TVのサービスが使えます。

こちらは、地デジ・BSのみの契約もできるほか、JCOMならではの利点もあります。

【JCOM TVの利点】

  • アンテナ要らずで費用軽減
  • 保守・管理などアフターフォローもあり安心
  • JCOMTVのシンスタンダード、フレックス、セレクト等3プランを選べる

厳選の42チャンネル網羅のシン・スタンダードなど、ケーブルテレビで専門チャンネルも視聴できます。

したがって、フレッツテレビが無くても、JCOM TVで十分テレビが見れます。

ひかり電話の固定電話番号の一部は引き継ぎできない

ひかり電話等から固定電話番号を引き継ぐことを、一般的に番号ポータビリティといいます。

番号ポータビリティは、NTT固定電話で発番した電話番号のみ対象になります。

言いかえると、フレッツ光で発番したひかり電話の番号はJCOMへ引き継ぎできません。

この場合は、JCOM PHONE契約時に、新規の電話番号を発番することになります。

なお、固定電話番号ポータビリティーは、設定変更手数料2,420円が必要です

以上が、フレッツ光からJCOMへ乗り換えるときの注意点です。

もり

フレッツ光からJCOMは転用できませんので、新規工事が必要になります。

また、フレッツテレビやひかり電話は、JCOMで使えません。

\こちらが特設ページになります!/

フレッツ光からJCOMの比較

フレッツ光からJCOMへ乗り換えをするとき、メリット・デメリットを個別判断しておきたいものです。

以下より特徴を述べていくので、乗り換えをするべきかどうかの参考にしてみましょう。

フレッツ光とJCOMの比較一覧

フレッツ光とJCOMで、それぞれの特徴を比較表にしました。

JCOMは工事費が無料で、フレッツ光よりも料金が安いです。

またセキュリティソフト(マカフィー for ZAQ)が無料で付くのも、嬉しいポイントです。

選ぶ際のポイントとして、参考にご覧ください。

【フレッツ光からJCOMの比較】

フレッツ光JCOM
事務手数料800円3,300円
工事費22,000円プラン加入で無料
基本料金比較(1G)5,720円~6,270円
+プロバイダ料
5,478円
回線タイプNTT光回線JCOMケーブル回線
auひかり回線
最大通信速度・1Gbps(定額プラン)
・10Gbps(フレッツ光クロス)
・320Mbps
・1Gbps
・5Gbps
・10Gbps(光10Gプラン)
セキュリティ418円~(NTT西日本)
440円(NTT東日本)
0円
プロバイダ選べる選べない

※戸建ての月額料金の比較。JCOMの基本料金は関東エリアのもの

2年間のトータル料金

2年間のトータル料金も比較しました。

結果、フレッツ光よりもJCOMが安くなりました。

【2年間のトータル料金の比較(戸建て)】

フレッツ光JCOM
月額料金
(+プロバイダ料)
5,940円
+1,210円
5,478円
(プロバイダ料込み)
2年間総合計171,600円131,472円

※フレッツ光の月額料金は東日本エリアの「フレッツ 光ネクスト、ファミリー・ギガラインタイプ」で計算
※フレッツ光のプロバイダ料はOCN(1,210円/月)で計算

以上が、フレッツ光からJCOMの比較結果です。

もり

フレッツ光よりもJCOMの方が料金が安くて得です。

【まとめ】フレッツ光からJCOMの乗り換え

最後のまとめです。

この記事では、フレッツ光からJCOMの乗り換え方法や費用などをご紹介しました。

改めてポイントを整理します。

この記事のまとめ
  • フレッツ光からJCOMの乗り換え手順
    • JCOMを先に契約してからフレッツ光を解約する
    • フレッツ光の撤去工事は任意
    • JCOMの開通工事は必要
  • フレッツ光からJCOMの乗り換え費用
    • フレッツ光の解約金、プロバイダの解約金、最終月の月額料金
    • JCOMの初回の事務手数料
  • フレッツ光からJCOMの注意点
    • 転用による乗り換えはできない
    • フレッツテレビは引き継ぎできない
    • ひかり電話は引き継ぎできない

以上です。

最後に、JCOMは以下のリンクから契約で限定キャンペーンがあります。

これから契約する人は、こちらから手続きしてくださいね。

もり

JCOMの特典はとてもお得ですよ。

\こちらが特設ページになります!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次